パチンコ パチスロ 新台

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 医薬品 > 新型コロナウイルス感染症における市販薬の服用について

更新日:令和4(2022)年11月10日

ページ番号:528387

新型コロナウイルス感染症における市販薬の服用について

  • 新型コロナウイルス感染症に感染し、自宅療養中に発熱した場合には、市販の解熱剤が服用可能です。
  • のどの痛み、咳などの症状についても、市販薬でも症状をやわらげることができる場合があります。
  • 用法・用量等をよく確認の上、ご使用ください。ご心配な方は購入時に薬剤師等にご相談ください。

※お子様のインフルエンザの解熱に使用する場合は、有効成分がアセトアミノフェンのみの製品を使うようにしましょう。

※下記のような場合には主治医や薬剤師にご相談ください。

  • ほかのお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気療養中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
  • 薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
  • 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合

 

市販薬(一般用医薬品)は、インターネット販売、薬局、薬店(ドラッグストア等)で購入ができます。

  • 発熱などの体調不良時にそなえて、早めに購入しておきましょう。

 

 ※「モルヌピラビル」(販売名:ラゲブリオ)などの「経口抗ウイルス薬(治療薬)」は市販薬ではありません。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課

電話番号:043-223-2621

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?